プライバシーポリシー・反社会的勢力に対する基本方針|日本動物福祉協会の活動は、全て会費とご寄付で成り立っています

プライバシーポリシー・反社会的勢力に対する基本方針

個人情報保護に対する方針について

当協会は、会員・寄付者など当協会の活動に参画する人(以下「会員等」という)に関する氏名や住所など、特定の個人を識別できる情報(以下「個人情報」という)を次のとおり適切に取り扱います。

利用目的

個人情報は、会員等へのサービス提供、有用な情報のお届け、その他正当な目的のためにのみ利用します。

個人情報の収集

会員等の個人情報を収集する場合は、その収集目的をお知らせした上で、必要な範囲内で収集します。

第三者提供の制限

会員等の個人情報は、特段の事情がない限り、会員等のご承諾なく、第三者に開示・提供しません。

個人情報の適正管理

会員等の個人情報は、最新の状態を維持し、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改竄および漏洩等の防止措置を講じます。

委託先の管理

個人情報の処理を外部へ委託する場合は、漏洩や再提供を行わないように、委託先との契約により義務づけ、適切に管理します。

個人情報の確認・訂正等

会員等が、個人情報の確認・訂正等を希望される場合は、担当窓口までご連絡いただくことにより、合理的な範囲で速やかに対応します。

管理体制

個人情報保護に関する取り組みを強化するため、個人情報保護管理者を置き、役職員に対する教育と啓発を継続的に実施します。

法令遵守

個人情報を取り扱うにあたり、個人情報保護に関する関係法令および社内規程を遵守するとともに、本方針の内容を継続的に見直し、改善に努めます。

お問合わせについて

会員等の個人情報に関するお問合わせについては、本部事務局(03-6455-7733)でお受けします。

反社会的勢力に対する基本方針

当協会は、次のとおり反社会的勢力に対する基本方針を定め、役職員一同これを遵守することにより、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

組織としての対応

反社会的勢力に対しては、協会トップ以下、組織全体として対応します。

取引を含めた一切の関係遮断

反社会的勢力に対しては、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。

会員資格の停止

反社会的勢力に対しては、当協会への会員入会を認めません。また、反社会的勢力であると判明した場合には、会員としての資格を停止します。

雇用関係の排除

反社会的勢力との雇用契約その他一切の労働関係を排除します。

有事における民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行います。

役職員の安全確保

反社会的勢力による不当要求に対応する役職員の安全を確保します。

裏取引や資金提供の禁止

反社会的勢力との裏取引や資金提供は絶対に行いません。