事件疑い現場に残された動物の処遇・取扱いについて要望書提出|日本動物福祉協会の活動は、全て会費とご寄付で成り立っています

動物関連事業トピックス

事件疑い現場に残された動物の処遇・取扱いについて要望書提出

動物関連事業トピックス

2020年8月に都営住宅で身元不明死体発見現場において、猫十数頭が発見されてから数日間、酷暑の中、室内で適切な世話もされず放置されていると江東区福祉事務局から連絡を受けました。現場に残された動物の処遇・取扱いについて城東警察署担当刑事課の対応に疑問を感じたたため、2020年8月17日に城東警察署へ要望書を提出いたしました。現在、縦割り行政打破がクローズアップされていますが、警察署内での縦割りにもメスを入り、横との連携を図り対応していただきたいと考えています。また、担当される署や警察官によって対応が変わることのないように警視庁全体での意思統一を図ってほしいとも思っております。

 

事件疑い現場に残された動物の処遇・取扱いについて(要望書)2020.8.17