飼い鳥が逃げてしまったら・・・|日本動物福祉協会の活動は、全て会費とご寄付で成り立っています

スタッフブログ

飼い鳥が逃げてしまったら・・・

スタッフブログ

インコなどの小型鳥類は今も昔もペットとして人気です。慣れてくると、お部屋で放し飼いする方も多いと思います。そして、ちょっとした不注意で飼い鳥が外に逃げてしまう事故も少なくありません。飼い鳥が逃げてしまったらどうしたらよいのでしょうか・・・
逃げた直後は、難しいかもしれませんが、慌てて大声をだして後追いをせず、優しく名前を呼びましょう。それでも戻らず、飛んで行ってしまった場合は、基本的には犬や猫を探す方法と同じです。
1.警察署や保健所(動物愛護センター)に届出
2.飼い鳥の写真(全身及び顔のアップ)と特徴及び連絡先を記載したポスターを作成
・ポスターは情報過多になりすぎないように、簡潔でわかりやすいものにしましょう。(例えば、一見で、必要最低限の情報がわかるように)
・スーパー、図書館そして動物病院など一目につくような場所にお願いをして貼らせてもらいましょう。飛んで行った方向を中心に貼ってもよいでしょう。
3.SNSを利用しましょう。
その他、飛んで行った方向を中心に探してみましょう。また、逃げたベランダや窓際などにケージを置いておきましょう。
飼い主の元に戻ってくることもありますので、諦めずに探しましょう。
飼い鳥を保護したら・・・
1.警察署に届出しましょう。
2.SNSをやっていたら、是非、写真及び保護場所などを記載し、保護鳥などのハッシュタグをつけて発信してください。

啓発チラシのダウンロード